魔石龍の大洞窟を無課金ウルズパで攻略!パズドラ無課金攻略107日目

スポンサード リンク

パズドラ無課金攻略107日目の記録です。

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-10-10_No-00

107日目にしてやっと魔石龍の大洞窟を突破しました!

後で確認したところ、安定パーティとは言えない(育成不足)ですが、とにかくここを突破して「神王の空中庭園」に行けるようになりました!

スポンサード リンク

魔石龍の大洞窟攻略に使った無課金ウルズパーティ

使ったパーティはこのパーティです。

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-48-17_No-00

あとは、いつも使っているウルズ✕赤ソニアパーティをベースにしていますが、アルラウネを入れているのが特徴ですかね。

アルラウネを入れている目的は、あとで紹介します。

各メンバーのステータスは動画の冒頭で紹介していますが、最低条件としてバトル6に出現する番人からの攻撃を受けられるだけのHPは必要です。

このHPが確保できるなら、リリスをキングワルりんなどのより効果の高い悪魔エンハンス系モンスターに変更し、ボス戦の火力を高めてもよいと思いますが、あまりスキルが重いと、今度はためるのが難しくなります。

どちらを選ぶかは、好みだと思います。

それから、全フロア同じパーティで攻略したわけではなく、フロア5のみ1キャラ入れ替え、アルラウネのところを水のサムライオーガに変更しました。

ちなみにアルラウネのままでも、フロア5は攻略できます。

魔石龍の大洞窟攻略のおおまかな流れ

基本的にはすべて同じ流れで攻略できます。

  • バトル1~2の雑魚戦でスキルをためる
  • バトル3の中ボス戦(カーバンクル2体)はスキルを使って倒す
  • バトル4~5の雑魚戦で再びスキルをためる
  • バトル6の番人はスキルを使わず倒す
  • バトル7のボスでスキルを使って倒す

各フロア共通してもっとも重要な(生死を左右する)ポイントは、いかにバトル1~2でスキルを貯めるか?です。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-4-51_No-00

基本的には防御力の高いメタドラ系を残してスキルをためます。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-5-41_No-00

また、バトル6の番人は、HP25%を切ると即死攻撃を撃ってきますから、これを食らわないように注意が必要ですね。

落ちコンで25%を切ってしまい、即死攻撃を食らう。

こんな負けパターンを避け、うまく番人のHPを調整しながら戦う必要があります。

具体的には、番人のHPが25%を切っていない時は、「あと1」のときに手加減することです。

その他、各フロアのボスのHPや属性に合わせて、スキルを使う順序など臨機応変に対応する必要がありますので、

以降、各フロアごとのボス戦のポイントを書き残しておきますね。

あ、共通事項のもう一つとして、ボスからバインド攻撃を食らったら、アルラウネのスキルで回復することができます。

魔石龍の大洞窟 フロア1.蒼石の飛龍の攻略ポイント

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-8-18_No-00

フロア1のボス「蒼石龍・ミスリル」は、HP1,740,000

前半水属性、後半木属性で毎ターン行動してきます。

まず前半が水属性ですから、赤ソニアの陣ではダメージ量が小さくなってしまいますよね。

なのでここは、ドロップ変換+ドロップ強化を先に使い、あわよくばHP半分程度まで一気に削れることを期待します。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-17-16_No-00

まず出会った直後、変換後の闇ドロップの数を数えます。

今回は18個です。

パーティの育成状況にもよりますが、最低でも闇ドロップ18個以上はほしいです。

で、ここからコンボを組んで、こういう感じで消しました。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-22-56_No-00

せっかくドロップ強化を使っているのに、ドロップを繋げずに消してしまい、火力が少し落ちてしまいましたが・・

これでも落ちコン無しで、約62万ダメージ(闇のみ)を与えています。

1~2回落ちコンがくれば、一気に半分以上削ることもありえます。

ドロップ強化で削ったあとは、ソニアの陣とリリスの悪魔エンハンスを使い、こちらはできるだけ分割して消します。

殆どの場合これで倒せると思いますが、もし仮に削りきれなくても、バインドをアルラウネのスキルでバインド回復し、もう1ターン通常攻撃できますから、削り切れますね。

魔石龍の大洞窟 フロア2.翠石の頑龍の攻略ポイント

SnapCrab_NoName_2014-11-10_1-12-37_No-00

翠石龍・アダマントは、HPが1,045,556と他の魔石龍と比べて少なく、さらに前半は木属性ですから、いきなり赤ソニアのスキルを使うのが有利です。

赤ソニアのスキル+リリスの悪魔エンハンスで、できるだけ分割して消せば、1ターンで倒せるでしょう。

ちなみに、上の画像の消し方で、私のパーティだと、落ちコン無しで120万(火属性のみ)与えられますから、ウルズとソニアだけで倒せる計算ですね。

魔石龍の大洞窟 フロア3.緋石の刃龍の攻略ポイント

他のフロアも同じような感じです。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_1-21-27_No-00

緋石龍・ヒヒイロカネは、HP2,087,222、前半火属性、後半光属性です。

後半が光属性なので、闇のドロップ強化は2発めに使うほうが有利ですね。

なので、まず最初に赤ソニアの陣+悪魔エンハンスを使い、HP半分以下まで削ります。

その後、盤面調整をしてから、ドロップ変換+ドロップ強化で攻撃して倒します。

ちなみに、この消し方で落ちコン無しで約110万ダメージを与えています。

魔石龍の大洞窟 フロア4.紫石の鋼龍の攻略ポイント

SnapCrab_NoName_2014-11-10_1-29-14_No-00

紫石龍・ダマスカスは、HP2,434,444、前半が闇属性、後半は火属性です。

属性的にスキル使用順序によって有利不利はありませんから、この場合は盤面次第です。

変換後に闇ドロップが18個以上作れるようなら、先にドロップ強化を使い、そうでなければ先に赤ソニアの陣+エンハンスを使います。

倒しきれなくても、バインド解除後に3ターンの余裕がありますから、削り切ることができると思います。

ちなみに、上の消し方+落ちコン1コンボ(回復ドロップ)で、約168万ダメージでした。

SnapCrab_NoName_2014-11-10_1-38-32_No-00

この後、バインドをアルラウネのスキルで回復して、盤面調整からのドロップ変換+強化で倒しました。

魔石龍の大洞窟 フロア5.虹石の魔龍の攻略ポイント

SnapCrab_NoName_2014-11-10_1-41-3_No-00

ラスト、虹石龍・オリハルコンです。

HP2,260,833、前半光属性、後半水属性です。

ここは、後半が水属性ですから、後半に闇ドロップ変換+ドロップ強化を使うのが良いと思います。

後半に赤ソニアの陣を使って、火ドロップに偏ったらもったいないからです。

私は、初手赤ソニアの陣を使い、上の消し方+落ちコン無しで、約236万ダメージを与えました。

撮影した動画を確認して初めてわかったことですが、意外とギリギリでしたので、ちゃんとスキルをためなおしてから、スキル2発撃てる状態でボス戦に挑むのが良さそうです。

この攻略記事の動画

この記事に使用した攻略時の様子を、Youtubeにアップしています。

パーティのステータスなど、詳細を確認したい場合は御覧ください。

フロア1.蒼石の飛龍

フロア2.翠石の頑龍

フロア3.緋石の刃龍

フロア4.紫石の鋼龍

フロア5.虹石の魔龍

ゼウスへの道が開けた!

攻略自体はできたものの、あとで動画を確認すると、ギリギリ運良く倒せたところもありました。。

なので、このパーティが安定するかどうかは怪しいです。

ちゃんとモンスターの育成が終わって、パーティのHPや攻撃力があと10%程度上がれば、陣が偏ったとしてもなんとかなるだろうなという感触はありますけどね。

とにかく!

これで魔石龍の大洞窟を攻略し、ゼウスの待つ「神王の空中庭園」へ進むことができるようになりました!

魔石龍の使い道

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-10-10_No-00

魔石龍は、2つの属性攻撃を半減するリーダースキルと、リーダーと入れ替わることのできるスキルを持っていますから、

敵の属性に合わせて柔軟にリーダーとチェンジしながら戦うことのできるモンスターです。

例えば、中ボスをスキルでぶっ飛ばした次のバトルでリーダーチェンジし、耐久しながらスキルをためなおす。

スキルがたまったらまたリーダーチェンジして、どんどん進んでいく、といった使い方ができます。

例えば、私は以前こんな使い方の動画をYoutubeにアップしたことがあります。

こうやって、リーダースキルを柔軟に変化させながら戦うことで、ダンジョン攻略の幅がかなり広がりますね!

最後までお読みいただきありがとうございます!
別の記事も参考になると思いますので、下部のタグや関連記事、サブメニュー、サイト内検索などご利用お願いします!

また、ぜひ私のYoutubeチャンネルの登録、Twitterのフォローのご検討お願いします。記事更新のモチベーションになりますので!

↓チャンネル登録ボタン↓

スポンサード リンク